声なきものの唄まんが結末 【1話2】´エ`*)女の競り市・ネタバレ

声なきものの唄まんが結末
ストーリーな女たち安武わたる・作

【1話2】女の競り市・ネタバレ

  

声なきものの唄まんが結末ネタバレ

***

 

サヨリとチヌは
矢津遊郭へとやってきました。

 

 

*遊郭・・・・・・

 

見たこともない大きなお屋敷。

チヌは不安になります。

 

 

サヨリはチヌに寄り添い、
優しく声をかける。

 

 

何があっても2人で気張ろうな

 

 

そして、2人は遊郭の中へ・・・・・

 

 

目の前に男が現れ、
サヨリとチヌを一瞥する。

 

 

「随分上玉じゃないか。

片っぽはだいぶ落ちるがの」

そういうと大きく笑う。

 

 

笑われたチヌはまた泣きじゃくる。

 

 

美しいサヨリと比べられるのは慣れていた。

それでも今は・・・・・

ちょっとしたことで涙が出る。

 

 

2人は奥に進みます。

 

 

 

そこにのは・・・・・・・沢山の女郎

 

 

 

 

鋭い目つきで
チヌやサヨリを見る女郎たち。

チヌは怯え、不安になる。

 

 

 

ピシャリと扉が閉まると
男たちがざわめき出す。

 

サヨリが前に出る。

 

名を名乗るとそこで、
いきなり着物を脱がされてしまう。

 

 

サヨリの美しさと
その肢体が露になり、

男たちの競りが盛り上がる。

 

 

どんどん高値になっていくサヨリ。

 

 

しかしチヌには競りが理解できず、
サヨリを見世物にでもしている
と思い激怒する。

 

 

「お姉に何をする!」

 

飛び出すチヌ。

 

 

 

しかし、先ほどの男に

大事な競りじゃ!!

邪魔をするなっ

と殴り飛ばされ気を失ってしまう。

 

 

その間に、サヨリは瀬島という男に
高値で買われていった。

 

 

残されたチヌは容姿端麗でもなく、
まだ見世に出られない年齢
買い手が付かなかった・・・・・

 

 

それでも運よく、

最下層の遊郭 が

チヌを引き取るのですが・・・・・・・・・・・

 

 

姉と離れて暮らすことになった
泣き虫のチヌ。

 

 

 

「遊郭」という身も心も削られる

厳しい未知の世界が、

否応なしに広がります・・・・・

 

 

*マンガを無料で読む3つの方法**

 

>>> クリック ➡ まんが王国

* 1話 全部、無料で読めます。

 

>>> クリック➡ ハンディコミック

* 各巻 全巻に無料読みあります。

 


 無料期間は今なら 31日間! 



>>> クリック➡ U-NEXT

*無料でマンガ読み放題
映画・ドラマの見放題が多い。

 

日本最大級動画サイトU-NEXTはマンガ
映画・ドラマ・雑誌・音楽・アニメ
アダルト全てに見放題がある!

 

マンガも映画も無料で楽しんでいます♫

 

声なきものの唄【感想】1話2・続きは

 

両親を亡くし女郎小屋に売られた姉妹。

大好きな姉に別れも告げられないまま

チヌは下層遊郭へと引き取られることに

なりました。

 

チヌを買い取った遊郭の年配の旦那さんは

優しそうですが、それでも遊郭の男・・・・・

何が起きるかわかりません。

 

豪気な瀬島に買われていったサヨリは

どこに行ってしまったのでしょう。

 

またこの姉妹が会えるのか・・・

チヌは生き抜くことが出来るのか

見ていきたいと思います。

 

 

背景がわかるともっと面白いので

「遊郭」についての「豆知識」

一番下に 少し、まとめています。

 

つぎに続きます>>>>> 準備中です

 

【 無料で・マンガ1話読む   】

➡>>>>無料の試し読み

リンク先で「 声なきもの 」で
検索すると早く読めます。

 

 

*豆知識

 

遊廓(ゆうかく)とは

公許の遊女屋を集め、
周囲を塀や堀などで囲った区画のこと。

別称として、廓(くるわ)ともいう

広義には、芸妓を含んだ花街(はなまち)や、
色里(いろさと)、遊里(ゆうり)、
色町(いろまち)など私娼街も含めた通称。

一区画にまとめ、
治安を守り風紀を統制していた。

 

 

 

遊廓の文化

江戸時代の遊廓は代表的な娯楽の場。
文化の発信地。

上級の遊女(芸娼)は太夫や花魁と呼ばれ、
富裕な町人や、武家・公家を客とした。

このため上級の遊女は、芸事に秀で、
文学などの教養が必要とされた。

江戸中期以降は一般庶民が主な客層
となっていった。

 

 

現代にも「遊郭」や女郎はあるそうです。
それについても 書いていきますね。

 

< TOPページに戻る >