声なきものの唄結末ネタバレ3話【10】(*´エ`*)東陽楼の姐さん

声なきものの唄まんが結末
安武わたる・作

 

こんにちは。入院中のさんごママです。
読みながら感想や豆知識も書いています。
まんが、いいですね♪(*´エ`*) 

 

 

  無料の登録ポイントで無料読み
 ↓ ↓ ↓ クリック ↓ ↓ ↓

U-NEXTT▶声なきものの唄3話

  

声なきものの唄まんが結末ネタバレ

 

廊に灯がともる。

 

綺麗に化粧した女郎たちが並び
慌ただしく動き出す廊の人々。

 

 

人々が行き交う中、
大きな声が響き渡る。

 

「紅緒太夫 お成りぃーー」

 

「巴太夫 お成りぃーー」

 

名前を呼ばれる華やかで、
美しい姐さんたち。

そんな姐さんに見惚れるチヌ。

 

 

 

 

東陽楼は客筋も須賀屋とは
大違いだった。

 

綺麗な服を着た紳士
どこか優しそうな雰囲気を感じる。

 

そんな中、
人一倍高価な着物を着た
強面の男が現れる。

 

 

「コワそうな お人もおるな?」

 

使用人の栄太の後ろに縮こまりながら
ぼそぼそ言うチヌ。

 

「松井組の親分や。

・・・・紅緒さんのお客やぜ」

 

 

 

紅緒姐さんの・・・・

 

 

チヌは不安になっていた。

 

< 下に続く >

声なきものの唄 1話 無料読み

  登録ナシでも試し読みが出来ます。

↓ ↓ ↓ クリック ↓ ↓ ↓

まんが王国➡サイト内で「声なきものの唄」で検索 

東陽楼の姐さん・続き

 

毎朝きちんとお線香あげて
信心深いのも さすがの心構え。

 

細い指先をくるくる回して
起用に かわいらしい物作られたり・・・・

 

この見世は、手習いや
芸事の師匠を呼び
娼妓に稽古をつけさせる。

 

チヌも紅緒に三味線を取って来る
ように言われ運ぶ。

 

 

 

 

しかし、チヌを良く思わない女郎達が
チヌの脚をかけ転ばせた。

 

転んだ拍子に、
紅緒の大事な三味線が壊れる。

 

 

謝るチヌを優しく諭す紅緒。

「・・・・・・・こいから気ぃつけや。」

紅緒は怒るでもなくチヌに言った。

 

 

 

「チヌ・・・あんた他に言うことないの?」

「へっ!?」

 

涙目になりながらも、何も言わないチヌ。

 

イジメられたことを言いつけない姿に
見所はある・・・・と紅緒はチヌを見込んだ。

 

 

 

「おいで
音曲やのうて今日は生け花教えたろ」

 

 

紅緒は別の習い事を用意する。

 

禿の美緒が綺麗に花を生ける中・・・・


チヌは花を散らかして
遊んでいるか
のような出来栄えにしかならなかった。

 

 

「ぷぷーー見た!?師匠さんの顔!

チヌの唄のひどさったら
呆れられてなんも言われんかったわ」

 

 

女郎たちはチヌの芸事の 三味線も
踊りも、
生け花も、どれもまったく
出来ない出来の悪さを笑った。

 

 

 

そこへ紅緒が現れ

 

「ずいぶんエラいんやな。

己の芸に恥じるところは
一片もないらしい」

 

 

ピシャリと言って背を向ける。

 

< 下に続く >


無料でマンガ【読み放題】

映画・ドラマ・アニメ・見放題多数!

↓ ↓ ↓ クリック ↓ ↓ ↓
登録無料▶U-NEXT

 

日本最大級動画サイト U-NEXT 

マンガの読み放題以外にも
映画・ドラマ・雑誌・音楽・アニメ
ビジネス書・グラビア・英会話
アダルト全て見放題あり!

 

まずは チェック!

 

マンガも映画も無料で楽しんでいます♫

 検梅日ーーー

 

女郎達は週に一度、
梅毒になっていないか検査をする。

 

チヌにとっては初めての検査だった。

 

 

 

帰り道、女郎のひとりが若様に気づく。


あっという間に若様の周りに
人だかりが出来る。

 

 

 

検梅に慣れないチヌは、
気恥ずかしくて・・・

後ろで俯いていたのだが

 

若様はチヌに気づき声をかける。

 

 

 

 

 

女郎たちは一斉にチヌを見やる

 

 

女郎の一人が若様に

「チヌは読み書きも出来ない」

とバカにすると、

 

 

 

 

逆に若様は

 

「では今度、

 絵本を送ってあげよう。

 

キレイで読みやすはずだから」

 

 

と、みんなの前でチヌに約束してしまう。

 

 

 

 

 

これがキッカケとなり

チヌはまた、

過酷な境遇に陥る

 

 

 登録無料T▶声なきものの唄3話

 

 

次の話に続く▶ 準備中です

 

 

< TOPページに戻る >

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは。入院中のさんごママです。 子を持つ母の視点で読みながら感想や豆知識も書いてまとめています。(*^^*)まんが、いいですね♪ 声なきものの唄を読んでいたら元気が出てきました。 子どもを遺して亡くなった母親の気持ち。 最愛の妹と離れなくてはならなかった姉。 いろんな視点でこのまんがを読んだので まとめています。